マレーシアの流行地域にあるプカン病院のICUベッドの最初のバッチの供給は、空路で正常に転送されました。

クアラルンプール、4月6日(AFP)–今日の午後12時の時点で、マレーシアの新しいコロナウイルスは131例と62例の死亡を確認しており、確認された症例の総数は3,793例となった。今日、236人が病院から退院し、回復した症例の総数は1,241人になりました。

さらに、マレーシアの交通交通大臣の嘉嘉翔氏の書簡によると、マレーシアは中国から輸入され、集中治療室に適した100床がまとめて配達されました.28床の最初のバッチは昨日マレーシアに到着し、昨日いくつかの政府病院に送られました。

彼は、コロナウイルス患者の治療のために厚生労働省に集中治療室の100床を惜しみなく寄付してくれた国立石油財団に感謝した。

ベッドは、中国の河北省で最大の医療機器メーカーである河北プカン医療機器株式会社から特別に注文されました。現在、イタリア、スペイン、イギリス、米国など、世界中の多くの国が中国からベッドを注文しています集中治療室での使用。

マレーシアの交通交通大臣であるjijiiang氏は、「重量がそれぞれ250kgまでのこれらのベッドを我が国に導入することは容易ではありません。輸送省は、ベッドを我が国に届けるために3つの飛行機を手配する必要があります。

中国の民間航空局(CAAC)は3月28日以降、外国人による中国への入国を禁止しているため、運輸省はCAACに特別に申請し、天津および北京へのエアアジア貨物の輸送を許可し、100の病院用ベッドすべてをまとめて持ち帰ることができます。

ベッドのサイズが非常に大きいため、わずか28のベッドで飛行機の全容量を満たします。

同省はまた、残りの72床をできるだけ早く帰宅させるために、中国の民間航空局と積極的な協議を行っています。

これらのベッドは多くの患者さんの命を救うのに役立ちます。国家石油財団、エアアジア貨物、マレーシア駐在中国大使、そして中国から中国へのこれらのベッドの円滑な移転を確実にするための支援に対して私たちの外務省に感謝します。」

さらに、マレーシアの保健省は、昨夜、上海からクアラルンプール国際空港までマレーシアの航空会社の貨物によって中国の94の集中治療室の人工呼吸器から輸入されました。これらの医療機器は、より貴重な命を救うためにマレーシアの医療チームに大いに役立ちます。


投稿時間:2020年5月29日

ニュースレターを購読する

当社の製品または価格表についてのお問い合わせは、メールにてお問い合わせください。24時間以内にご連絡いたします。

フォローする

私たちのソーシャルメディア
  • sns03
  • you-tube
  • sns01
  • sns02